自動車整備士の資格は働きながらでも取得できる?取得方法や取得時のポイントなどを徹底解説!

一般的に自動車整備士を目指す方は専門学校に通うことが多いですが、働きながらでも資格取得を目指すことができます。
この記事では、自動車整備士の種類や働きながら資格を取得する方法について解説していきます。試験内容や合格基準についても紹介していくため、ぜひ今後のご参考にしてください。

自動車整備士の資格は働きながら取得可能!

自動車整備士の資格は整備工場などで働きながら取得することも可能です。自動車整備士の資格を取得後に就職するのが一般的ですが、無資格・未経験の状態で自動車整備工場に就職してから3級の資格取得を目指す人もいます。

未経験で受験するには1年以上の実務経験が必要となるため、見習いとして働きながら資格試験の勉強を進めていきます。そのため、働きながら資格取得を目指す方は、まず未経験でも働ける自動車整備工場を探すことが必要になります。

自動車整備士の4つの資格

自動車整備士の資格は3級〜1級と特殊資格の4種類があり、そのなかで車種やパーツによっても資格が分かれます。難易度は3級から1級へ向けて高くなるため、順番としてまずは3級から取得していくのが一般的です。

3級自動車整備士

3級の資格には「3級シャシ整備士」「3級自動車ガソリン・エンジン整備士」「3級自動車ジーゼル・エンジン整備士」「3級二輪自動車整備士」の4種類があります。それぞれ、各パーツの整備に特化した資格です。

3級自動車整備士においては、簡単な点検業務やエンジンオイル・タイヤ交換、カー用品の設置などが主な業務であり、単独での分解整備は行えません。

また、エンジン部分に関しても3級を保有しているだけでは、業務として取り扱うことができません。3級の資格は整備全般の補助的業務を主に担当しながら、整備士としての基礎を学べる資格といえるでしょう。

2級自動車整備士

2級の資格取得後は一般的な整備範囲の業務がすべて対応可能となり、自動車検査員としての業務や整備工場の運営を行うこともできます。整備士と呼ばれているほとんどの方は2級自動車整備士の資格を保有しています。

2級の資格には「2級シャシ整備士」「2級自動車ガソリン整備士」「2級自動車ジーゼル整備士」「2級二輪自動車整備士」の4種類があります。
それぞれの資格で扱える車種や業務が異なるため、人によっては複数の資格を保有している方もいます。

1級自動車整備士

2002年に誕生した1級の資格は自動車整備士資格の最上位の資格です。「1級小型自動車整備士」と「1級大型自動車整備士」および「1級二輪自動車整備士」の3種類がありますが、これまで試験が行われたのは「小型」のみです。そのため、実際に資格保有者が存在するのは、1級小型自動車整備士のみとなります。

2級の資格があれば分解をはじめ整備・修理まで整備全般業務への対応が可能であるため、1級の資格保有者はそれほど多くありません。しかし、今後は電気自動車や自動運転などの新技術が身近になっていくため、1級整備士の需要は高まっていくことが期待できます。

特殊整備士

特殊整備士とは、自動車整備において特定の3分野(電気装置・車体・タイヤ)について、特化された知識や技能、技術があることを証明する資格です。

ただし、特殊整備士資格だけを保有していても整備士業務は行えないため、2級あるいは3級の資格を保有している方がスキルアップを目指して取得する資格です。つまり、特殊整備士の資格は必ずしも必要な資格ではなく、2級や3級のオプション的な資格といえます。

自動車整備士の資格を働きながら取得するためのポイント

働きながらであっても、自動車整備士の資格を取得することは可能です。それでは、スムーズに資格を取得するためには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

学歴によって実務経験の期間が変わる

自動車整備士になるには、工場などで働きつつ勉強する方法があります。3級の取得においては、試験に合格することと「認定工場」または「指定工場」での1年以上の実務経験が条件です。

3級~1級の自動車整備士の受験資格は以下のとおりです。

条件3級受験資格2級受験資格1級受験資格
自動車・機械などの課程を修めていない大学・高校・中学の卒業者実務経験1年以上3級合格後実務経験3年以上2級合格後3年以上の実務経験
大学または高校の機械、電気・電子に関する学科卒業者実務経験6カ月以上3級合格後大学卒1年6カ月、高校卒2年以上の実務経験2級合格後3年以上の実務経験
高校の自動車科卒業者卒業と同時3級合格後の実務経験2年以上2級合格後実務経験3年以上
自動車整備専門学校修了者(二級整備士養成課程)卒業と同時2級合格後実務経験3年以上
自動車整備専門学校修了者(一級整備士養成課程)卒業と同時

実務経験として認められる職場で働く

高校の自動車科や自動車整備専門学校を卒業した人を除けば、自動車整備士の資格を取得するには実務経験が必要になります。それは、自動車整備士3級であっても同じです。働きながら資格を取得したいのであれば、実務経験として認められる職場で働くことをおすすめします。

自動車整備の「認定工場」もしくは「指定工場」で一定の期間勤務すれば、実務経験として認められます。自動車整備工場であればどこでも実務経験になるわけではないので、注意が必要です。

未経験でも働ける認定工場・指定工場を探し、そこで働きながら試験に合格するための勉強を続けましょう。資格取得の支援に注力している会社の工場を選ぶことをおすすめします。

自動車整備士の資格を働きながら取得する方法

自動車整備士は整備士の専門学校などに行かなくても取得できます。高校を卒業してから経験がない状態で整備工場などに就職し、働きながら整備士資格を取得するケースも珍しくはありません。

ここでは、働きながら自動車整備士の資格を取る方法について解説します。

1.独学で勉強する

自動車整備士の資格は1級〜3級まで存在し、独学で1級までを取得するには相応の年数の実務経験が必要となります。独学で1級を取得するまでの最短距離として、理論上は以下のとおりとなります。

  • 実務経験を1年以上経て3級に合格
  • 3級合格後、3年以上の実務経験を経て2級を受験し合格
  • 2級合格後、3年以上の実務経験を経て1級を受験し合格

このように、未経験で就職した場合には最短7年で1級自動車整備士の受験資格を得られます。また、独学の場合は学科試験の合格後に実技試験に臨むことになります。この実技試験の難易度は高く、合格率が低くなるので、しっかりとした対策が必要です。

2.技術講習を受講する

全国各地にある自動車整備振興会の講習を受講・修了し、学科試験に合格するのも一つの方法です。

原則として、自動車整備士の資格を取得するためには「学科試験」と「実技試験」の両方に合格する必要があります。また、学科試験に合格した後でしか、実技試験を受験することはできません。しかし、整備振興会の講習を修了すると、その後2年間は実技試験が不要になるという特例があります。そのため、難しい実技試験を避けるためにこちらの方法をとる方が多い傾向です。

講習は平日の夜や日曜日などに行われているため、働きながら計画的に資格を取得できます。実技試験は、実務経験があったとしても合格が困難といわれているため、資格取得を確実にするなら講習を受けることをおすすめします。

自動車整備士の試験について

ここでは、3級〜1級自動車整備士までの試験内容について解説します。

3級自動車整備士の試験内容と合格基準

3級自動車整備士試験の学科試験には次の科目が含まれます。

  • 構造、機能、および取扱法に関する基本的な知識
  • 点検、修理、および調整に関する基本的な知識
  • 整備用の試験機、計測器、および工具の構造、機能、および取扱法に関する基本的な知識
  • 材料および燃料油脂の性質と使用法に関する基本的な知識
  • 保安基準その他の自動車の整備や法規に関する知識

また、実技試験の内容は以下のとおりです。

  • 基本工作
  • 分解や組立て、簡易的な点検および調整
  • 簡易的な修理
  • 簡単な整備用の試験機、計量器や工具の取り扱い

2023年3月26日に行われた学科試験の3級自動車整備士の学科試験の合格率は以下のとおりです。

種 類受験者数合格者数合格率%
三級シャシ1,799 1,148 63.8  
三級ガソリン4,008 2,881 71.9  
三級ジーゼル709 430 60.6  
三級二輪245 206 84.1  
出典:令和4年度第2回(第106回)自動車整備技能登録試験「学科試験」の試験結果について

2級自動車整備士の試験内容と合格基準

学科試験の内容は以下のとおりです。

  • 構造や機能、扱い方法についての一般知識
  • 点検や修理、調整や完成検査のやり方
  • 整備に使う試験機、計量器や工具の仕組みや役割、使い方についての一般知識
  • 材料や燃料油脂の特性や使い方についての一般知識
  • 図面に関する初歩的な知識
  • 自動車の整備に関わる保安基準や法律

実技試験の内容は以下のとおりです。

  • 基本的な工作
  • 点検や分解、組立て、調整と完成検査
  • 一般的な修理
  • 整備に使う試験機、計量器、工具の使い方

2023年3月26日に行われた学科試験の二級自動車整備士の学科試験の詳細は以下のとおりです。

種 類受験者数合格者数合格率%
二級ガソリン10,562  9,323  88.3   
二級ジーゼル8,134  7,835  96.3   
二級シャシ266  196  73.7   
出典:令和4年度第2回(第106回)自動車整備技能登録試験「学科試験」の試験結果について

また、2級ガソリン、ジーゼル合格基準は1問1点で40点満点に対し28点以上の成績で合格です。2級シャシの合格基準は、1問1点で30点満点に対し21点以上の成績で合格です。

1級自動車整備士の試験内容と合格基準

学科試験の内容は以下のとおりです。

  • 自動車整備士の知識・技能
  • 新しい技術の故障診断方法
  • リサイクルに配慮した整備法
  • 整備面での環境保全や安全管理をはじめとする知識

実技試験の内容は以下のとおりです。

  • 基本的な工作
  • 点検、分解、組立てや調整および完成検査
  • 修理・整備用の試験機、計量器・工具の取り扱い

1問1点で50点満点に対して40点以上、かつ問題1~15、16~30、31~40、41~45、46~50で区分けされる分野ごとに40%以上の正答率で合格となります。

自動車整備士試験の難易度

自動車整備士を目指す人にとって気になるのが試験の難易度です。しっかりと実務経験を積んでいても、試験に合格しなければ資格を取得することは叶いません。自動車整備士の試験は、どの程度の難易度なのかを級別に解説します。

3級自動車整備士の難易度

3級自動車シャシ整備士、3級ジーゼル自動車整備士、3級ガソリン自動車整備士、3級2輪自動車整備士の3回分の学科試験の合格率を以下の表にまとめています。年度によって多少のバラつきがあるものの、どの資格も合格率が60%を上回っている場合が多いのが特徴です。比較的難易度の低い資格だといえるでしょう。

種 類合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
三級自動車シャシ整備士70.5%57.4%69.2%
種 類合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
三級ジーゼル自動車整備士60.3%64.6%73.6%
種 類合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
三級ガソリン自動車整備士66.1%71.1%61.6%
種 類合格率
(平成30年度第2回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第2回)
三級二輪自動車整備士71.9%68.7%82.7%

2級自動車整備士の難易度

2級自動車整備士の資格も、3級と同じで4種類に分かれています。それぞれの資格の3回分の学科試験の合格率を以下の表にまとめています。資格の種類や試験が実施された年によって、合格率にかなりバラつきがあるのが特徴だといえます。

種 類合格率
(平成30年度第2回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第2回)
二級自動車シャシ整備士84.7%93.0%83.8%
種 類合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
二級ジーゼル自動車整備士46.2%90.0%43.1%
種 類合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
二級ガソリン自動車整備士49.9%84.1%93.0%
種 類合格率
(平成29年度第1回)
合格率
(令和元年度第1回)
合格率
(令和2年度第1回)
二級二輪自動車整備士75.3%68.9%83.8%

1級自動車整備士の難易度

ここでは、1級自動車整備士の筆記試験の合格率を紹介します。以下の表を見ると、筆記試験の合格率は50~60%程度であり、3級や2級に比べて難易度の高い試験であることが分かります。

種 類合格率
(平成30年度第2回)
合格率
(令和元年度第2回)
合格率
(令和2年度第1回)
一級自動車整備士49.3%52.7%61.1%

よくある質問

ここでは、自動車整備士の資格に関するよくある質問を紹介します。これから自動車整備士になりたいと考えている人は、ぜひ一度読んでみてください。

自動車整備士は通信講座で取得できる?

自動車整備士の資格は、通信講座のみでは取得することができません。

自動車整備士を育成する高校や専門学校などを卒業していない人が資格を取得するには、いくつかの条件があります。まず、整備の実務経験が必要になります。そして、一定の実務経験を積んだうえで、学科試験と実技試験に合格しなければいけません。その2種類の試験に合格することで、自動車整備士の資格を取得できます。

自動車整備士の平均年収はいくらですか?

厚生労働省のデータによれば、自動車整備士の平均年収は、全国平均で487万6,000円となっています。

東京都に限定した平均年収は620万円となり、全国平均に比べて高額になります。沖縄に限定した平均年収は364万5,000円です。自動車整備士の平均年収も他の職種と同じように、都心部で高く、地方で安くなる傾向にあるといえるでしょう。もちろん、平均年収に影響を与えるのは勤務地だけではありません。会社の規模や労働条件によって、自動車整備士の給与も変わってきます。

余談ですが自動車整備士の平均年収は、日本の給与所得者(サラリーマン)全体の平均年収458万円を上回っています。このことから、自動車整備士は比較的年収の高い仕事だといえるでしょう。

自動車整備士は辞める人が多いですか?

自動車整備士の離職率は高く、厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況」では、18%を超えています。有効求人倍率(ひとりの求職者に対する求人数)は5.02となっており、人手不足の状態が続いています。離職率の高さは業界内でも深刻な問題として認識されています。離職の原因としては、過重労働、体力的な負担の大きさなどが挙げられます。

また、新しい機械や技術などに対応するためのスキルアップが難しいという点も指摘されています。自動車整備士は離職率の高い職種であることをしっかりと認識しておくことが大切です。

しかし、社会に必要不可欠な仕事であるため、自動車整備士の需要がなくなる可能性は低いでしょう。

まとめ

自動車整備士の資格は働きながらでも取得でき、未経験であっても実務経験を積むことで受験資格が得られます。

自動車整備士業界は慢性的な人手不足の状況が続いており、きちんとした技能があれば仕事に困ることはないでしょう。自動車が好きな方や興味がある方は、ぜひ自動車整備士を目指してみることをおすすめします。

タウ転職では、自動車整備士をはじめ、自動車関連のお仕事を紹介しています。また、LINEでのご相談もお気軽にご利用ください。登録・利用は完全無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。